花畑阿弥陀堂は自宅感覚で施設使用料も無料。法事・法要などにご利用ください。

天界山 縁起寺について

山号 天界山について

天界とは六道輪廻の一番上位の世界です。浄土とは異なることはご存じかと思います。では、浄土真宗の縁起寺が、なぜ天界山なのか? と申しますと、仏教の開祖であるお釈迦さまの誕生の話しを少々お聞きください。
兜率天という天界におられたお釈迦さまが、悩める一切の人々を救うために下界に下りて来てこの世に生まれました。人々を救うために説法をされたのが仏教の始まりです。
では、そこで、何を説かれたと申しますと、親鸞聖人著『正信偈』には、お釈迦さまがこの地球上に現れて仏教を説かれた目的は「弥陀の本願」、阿弥陀仏の本当に願っていられる御心ただ一つと書かれております。末法の世に生きる私たちのためにこそ、お釈迦さが天界から下りてきてくださり、縁起寺を通して弥陀の本願を広める。という意味合いから、縁起寺の山号は天界山となったのです。

寺号 縁起寺について

縁起寺は、親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗のお寺です。浄土真宗は現世祈祷やまじないなどの迷信にたよらない同朋教団ですから、一般的によくつかわれる「縁起がよい、悪い」という意味からくる寺名ではありません。
仏教の教えである「縁起」は、「苦しみは、なんらかの原因・条件によって起こり、その原因・条件がなくなれば、苦しみもなくなる」という教えが縁起寺の寺名由来です。
阿弥陀さまの教えに耳を傾け、感動し、心から仏の教えを信じ、阿弥陀さまへの感謝と喜びが湧き出てくるお寺、それが縁起寺です。多くの人々と仏縁を持つお寺という意味も含まれています。どうぞお気軽にお立寄り下さい。

お釈迦さまの教え阿弥陀仏の御心を、縁ある人々に広くお伝えする
念仏道場が天界山縁起寺の寺名由来です

縁起寺 住職 釋隆樹

ルート・交通手段

所在地:
東京都足立区花畑2丁目12-11
電話:03-5856-7909


■ つくばエクスプレス
六町駅よりバス7分
「樫の木公園前」バス停より徒歩3分

天界山 縁起寺について

住職あいさつ

花畑阿弥陀堂の本尊、阿弥陀如来像は日本でも数少ない、お堂内に安置されている石仏です。
磨き処理の施されている阿弥陀様を見上げますと、まさに輝き煌めいた極楽浄土を思い浮かべることが出来ます。
生きることに思い悩んだ時、老いや病に苦しんだ時、別れや死について苛まれる時、阿弥陀堂で手を合わせましょう。慈悲の心が私たちの迷いの心を照らし、私たちの歩むべき道を教えてくれます。

天界山 縁起寺 花畑阿弥陀堂 しゃくりゅうじゅ 住職 釋 隆樹

縁起寺花畑阿弥陀堂はどなたにも開かれた浄土真宗寺院です。
仏教の教えは日々の悩みを越えていく力となり、お念仏は私たちの心を映す鏡となります。人生は生老病死をはじめとする様々な苦難がありますが、自身の苦しみや悲しみを否定することなく、阿弥陀様の慈悲に託していきましょう。私たち縁起寺の僧侶は、一人でも多くの方が仏のご縁に触れられることを願っております。

天界山 縁起寺 花畑阿弥陀堂 しゃくけんてつ 住職代理 釋 賢哲

花畑毘沙門ホームページへ

毘沙門天王様を安置している祠の紹介ページです。

御朱印・記念品のご案内

漫画家・森田まさのり先生原画のオリジナル御朱印。縁起寺記念品はこちらです。